SIGNIS Asia Focus に載ってしまいました

signis_asia_focus

9月8日に配信されてきた「SIGNIS ASIA FOCUS, Issue No.5, September 2016」になんと私が President of SIGNIS Japan として紹介されました。

ちょっと気恥ずかしいです。今回の SIGNIS Asia Assembly でもそのように紹介され、参加者の何名からはそのように呼ばれていました。日本はカトリックの人口は40万人で人口の0.3%であり、SIGNIS Japan は会員が16名の微少な組織だからと何度も説明しましたよ。

そうしたら、こんなことを言った人もいました。「日本では500年ほど前に大量の殉教者が出たのに、どうしてクリスチャンがそんなに少ないんだ。殉教者の血はむだだったのか?」
「おそらく明治期のあるいは戦後のカトリック教会の宣教政策が失敗だったことを示している。殉教者の血は悲しいことに実りの少ないものとなってしまった。」この質問には、躊躇せずにこう応えることにしています。それを認めた上で、高山右近や多くの殉教者たちの列聖列福運動も意味あるものになるような気がするんです。

話がわき道にそれてしまいましたが、SIGNIS Asia Focus の私の記事の横には「平和の教皇ヨハネス23世」の日本語版 DVD の紹介記事が載っています。 教皇ヨハネス23世はバティカン公会議を開催した教皇として有名で、ヨハネパウロ2世とともに聖人となりました。SIGNIS Japan の事務局長が上智大学の卒業生を中心とした DVD 制作チームに加わっていたことも紹介されています。
私はまだ見ていませんが、「カロル ー教皇ヨハネパウロ2世」のDVD とともにこれもすごい映画だと聞いています。

このブログのトップへ

今、文具店においてある Bun2 という雑誌が面白い。

Bun2という雑誌は文具店に置いてあるステーショナリーフリーマガジンと銘打ってある。偶数月に1回発行されている。
これが楽しい雑誌である。いろいろなステーショナリーが所狭しと並べてある。手にとってほしくなるものばかりである。
今号に載っていたものでは、以下のようなものが欲しくなった。

●文字が斜めだからタテにもヨコにもピンポイントで貼れるタテヨコフセン
●「おかたづけ育」ツール 「がんばったねシート」「アップリケ」「めじるしポケット」「ウォールシール」「靴おきマーク」
●水引の蝶結びのついた「和ゴム」
●ちらかりがちな卓上小物の収納に便利なファイルタイプの「ライフスタイルツール」
●マグネットカードケース
●けしごむ花ハンコ
●底面に強力マグネットが付いているテープディスペンサー「ラカット」
●ラップにかけるペン「エポックケミカル」ラップを巻いたまま冷凍もレンジ加熱もできる

これらを読んだだけでもその便利さが伝わってきて使ってみたくなる。
この雑誌、ここからでもダウンロードできる。

13413633_943182165798691_13503193569355434_n

「あなたは、誰かの大切な人」(原田マハ著)を私の「大切な人」にすすめたくなった

「あなたは、誰かの大切な人」(原田マハ著 講談社刊)を読んだ。心暖まる爽やかな小説だった。
私も大切な人に読むのをすすめたくなった。
私はこういう女性の文章にひかれることが多いようだ。平松洋子、須賀敦子、石垣りん、茨木のり子など。

家族と、恋人と、そして友だちと、きっと、つながっている。大好きな人と、食卓で向かい合って、おいしい食事をともにする―。単純で、かけがえのない、ささやかなこと。それこそが本当の幸福。何かを失くしたとき、旅とアート、その先で見つけた小さな幸せ。六つの物語。

大切な人とともに過ごす時間のステキさがどの短編にも溢れています。
その大切な人とは父親であり、母親であり、職場の同僚であり、女友達であり、男友達であり……………。。夫婦というのがなかったですね。

原田マハ1

このブログのトップへ

死後の楽しみ

 
 2010年にラジオ番組「心のともしび」で放送されたはなしに「死後の楽しみ」というのを書きました。「心のともしび」サイトのアーカイブにもないので私のブログで紹介したいと思います。
 

 私は死ぬことを少し楽しみにしています。
 こんなことを言うと変な人と思われるかもしれませんが、だからといって死に急ぐつもりはありません。いまの人生を全うすることをそれ以上の楽しみとしています。
 その死後の楽しみの一つは、もちろん死んだらどうなるのかという好奇心のもたらすものです。永遠のいのちを信じている私には死んだらそれで終わりということは考えられません。
 次に先に死んで別れた人と再会できることも大きな楽しみでしょう。父にあったら、生前の親不孝をあやまらなければならないし、自らいのちを絶った友人には「どうして?」とわけを聞いてそれに何もできなかったことをお詫びしようと思います。彼らはきっとゆるしてくれると信じています。
 感謝とお礼を言いたい人もたくさんいます。
 死んだらあうことのできる人は直接出会ったひとだけではないでしょう。歴史上の人物にも出会えるとしたら誰に会いたいか、ヨブやカエサルやトマス・モアやペトロ岐部などなど数え切れない人たちが次から次へと浮かんできます。それらのひとはきっと面会を拒否したり、時間制限をしないでしょうから、心ゆくまで話をすることができるでしょう。
 おそらくまだ地上にいて一生懸命生きている人を応援することができるのも楽しみです。
 そして最大の楽しみはイエスにも神さまにも直接お会いすることができるということです。お会いしたら、まっさきに聞いてみたいことがあります。それは、 この世界に、貧困や差別、災害や戦争などの不幸な出来事がどうしてこんなにたくさん起きるのかということです。

 いま書き直すとしたら、最後の段落に、東日本大震災のことを書くでしょうし、また一昨年亡くなった愛する妻の清子さんをなぜあんなに早くしかも突然奪っていったのかとくってかかるように聞くだろうということを追加するでしょう。

このブログのトップへ

 

「脳科学からみた祈り」(中野信子著)読みました。

「脳科学からみた祈り」(中野信子著 潮出版社刊)を読みました。
著者は昨年6月にNHKFMの「トーキングウィズ松尾堂」に「脳科学で婚活」というテーマの時に出演していたのを興味深く聞いていたことがありました。

NoutoInori

内容は腰巻きに書いてあることでうかがい知れます。

「前向きな心、感謝、他人を思う祈りが脳細胞を活性化、免疫力を高める」
祈りの脳科学
*「よい祈り」を続けるとよい方向に変わる
*祈りこそ良薬 ——脳と免疫力の関係
*対話こそ脳を育てる最高の刺激
*利他行動で相手が変わるとき、自分も変わる

こんなことも書いてありました。

 さきに「『よい祈り』はベータエンドルフィンやオキシトシンの分泌を促し、そのことが記憶力の向上にも結びつく」と書きました。すなわち「よい祈り』は展望的記憶の強化にも役立つと考えられるのです。
そもそも祈りとは、本来、未来に向けられるものです。変えようがない過去に祈りを向けても仕方ありません。亡くなった方のことを祈る場合でも、私たちはその人の生命が未来に向けて安らかであるよう祈るものです。
祈りは「未来をよい方向に変えようとする営み」ですから、私たちは祈るとき、未来に心を向けます。将来かくありたい、かくあってほしいという願いが祈りなのです。だからこそ祈りという営みの中で、人はおのずと展望的記憶を強化していけます。
すなわち、脳科学から見れば、日常的に祈っている人ほど、展望的記憶をしっかりともっていきいきと生きることができるのです。それがポジティブな利他の祈りであれば、脳に与えるよい影響も強まって、なおのことよいでしょう。
東日本大震災の発生以来、日本中、世界中の人々が、日本のため、被災地のために祈りを捧げています。いまほど、日本という国が深い祈りに包まれているときはないでしょう。
そして、日本を含むその祈りが、この未曾有の事態を乗り換えていこうという未来への力強い祈りであるなら、ここまで説明してきたとおり、それは祈っている人の脳内を変え、心を変え、そのことを通じて人々の生き方をよい方向に変える営みへとつながっていくと言えるのです。

こんなことも書いています。「自分からは縁遠い他人のための祈り」とか「汝の敵のために祈れ」「迫害するもののために祈る」という「配慮範囲」のひろい祈りこそ「運を導きだし、幸福感を高める」とまで述べています。

 近年、京都大学の藤井聡教授が、心理学的アプローチから「運」の正体に迫(せま)った、「他人に配慮できる人は運がよい」という論文を発表しました。
これは、「認知的焦点化理論」というものを用いた研究です。「認知的焦点化理論」とは、かんたんに言えば、「人が心の奥底で何に焦点を当てているか?」によって、その人の運のよし悪しまでが決まってくる、という考え方です。
藤井教授の研究で、「利己的な傾向を持つ人々の方が、そうでない人々よりも、主観的な幸福感が低い」ということが明らかになりました。利己的な人ほど、自分は幸福でないと思ったり、周囲の人々に比べて不幸だと思う傾向が強い、という結果が示されたのです。
「認知的焦点化理論」では、どのくらい遠くの他人、そして遠くの未来のことまで配慮できるか、ということを「配慮範囲」という尺度で表します。
人の心の「配慮範囲」には、「関係軸」と「時間軸」があります。
関係軸とは、家族→親戚→友人→知人→他人という順に、心理的な距離がだんだん遠くなっていく社会関係のこと。
時間軸とは、現在→数日先→自分の将来→社会の未来という順に、思いを馳せる時間的範囲が広がっていくこと。
自分から離れれば離れるほど、範囲が大きくなります。
これが「配慮範囲」です。
利己的で自分のことしか考えず、目先の損得にしか関心がない人は、配慮範囲が狭い人です。
逆に、他人や遠い将来のことまで思いを馳せることができる人は、配慮範囲が広くなります。
藤井教授の研究によれば、配慮範囲の狭い利己的な人は、ある程度までは効率よく成果をあげられるものの、目先のことにとらわれて協力的な人間関係を築けないため、総合的にみてみると、幸福感の感じられない損失が多い人生となる、とのことです。
逆に、配慮範囲の広い利他的な志向を持つ人は、よい人間関係を持続的に築けるため、自分の周囲に盤石(ばんじゃく)なネットワークをつくることができます。
言いかえれば、周囲のみんながこぞってその人を助けてくれるわけです。
こうしてみると、よりたくさんの範囲の人、より遠い未来のことまで配慮できる人ほど運がよい、というのも、ごくあたりまえのことに思えてきます。

中野さんはクリスチャンではなさそうですが、しかし「祈り」の本質を捉えていると思いました。

このブログのトップへ

NATIONAL GEOGRAPHIC の聖マリア特集

自然地理の世界的な雑誌「NATIONAL GEOGRAPHIC」の2015年12月号の特集は「聖マリア 世界で最もパワフルな女性」というタイトルであった。

マリア特集

地理の雑誌がなぜマリアを特集するのかと不思議に思ったが、それはこのページを開いてみたら納得した。

聖母2

聖母1

つまり、紀元40年から聖母マリアが出現したといわれる2000カ所の地図である。
こんなに世界中に出現しているんだと圧倒される。
日本にも3カ所が示されている。一つは涙をながされたといわれる秋田の聖母、あと一つは津和野の乙女峠の殉教の時に三尺牢に閉じ込められた和三郎の前に現れたとされているあれだろう、でもあと一つは東京にあるが、これはいつのことでどういう現れ方をしたかわからない。
圧倒的なのはフランスのルルド、ここは「奇跡の大量生産」と書かれている。7000件近い治癒の例が報告されているが、ヴァチカンが認定しているのは69件だという。

この記事では、マリアが出現されたといわれるその場所を訪ねて、客観的にレポートをしている。フランスのルルドやポルトガルのファティマ、メキシコのグアダルーペ、ボスニア・ヘルツェゴビナのメディゴリエ(ここは司教が認定していない)そしてルワンダのキベホの聖母などを訪ね人々の巡礼の様子や出現を見たとされている人のインタビューを試みている。
1980年代ルワンダで3人の少女の前に現れた聖母マリアは大量虐殺が起きると予言した。フツ系住民がツチ系住民を襲撃し、多くの人々が殺害されたのは1994年のことである。

聖母マリアの出現などを詳しく記載しているサイトがここにある。

なかなか面白い記事だった。
そういえば NATIONAL GEOGRAPHIC は2015年8月号で「教皇が挑むバチカンの改革」という特集も作っている。こちらもよまなくっちゃ。

このブログのトップへ

薫酒、爽酒、熟酒、醇酒

横浜駅ジョイナスにある「えん」という酒屋で飲んだ。創作和料理の飲み屋である。

そこに利き酒というメニューがあった。日本酒のメニューの中から3種類のお酒を選んで注文することができる。それで990円。これで高いか安いかはともかく、こういう飲み比べはちょっと知的で結構気に入っている。

利き酒えん

銘柄名の書かれたコースターの上に置かれていて、それで何というお酒かがわかるようになっている。
そのコースターに「薫酒、爽酒、熟酒、醇酒」という分類があったので、これはなにかと店員に聞いたら、メニューに次のような図と説明があった。
お酒は香りがあるかないか、こくがあるかないかで4種類の酒に分かれるという。

香りが高くて味が軽やかなものを薫酒、香りが高くて味が濃い(こくがある)のが熟酒、香りは低くても味が軽やかなものは爽酒、香りが低くて味が濃いものは醇酒という。大吟醸は薫酒、純米酒や本醸造は爽酒、「生酛」や「山廃」と呼ばれる種類の日本酒は醇酒、古酒や秘蔵酒が熟酒になるという。

飲み比べてみると確かに味が異なる。一緒に食べる料理に合わせて選ぶというが、確かに料理との相性があるだろう。

こんなことを知っておくとまたお酒の楽しみが格段と増すのではないか。

sake-a5

<a href=”http://blog.nyumonkouza.net/”>このブログのトップへ</a>

認知症傾聴講座を受講しました

川崎武蔵小杉の生涯教育プラザで行われた「認知症傾聴講座」全8回を受講しました。なかなかおもしろかったです。
傾聴は需要と共感、
前半は認知症についての医療と看護の知識を教わりました。その中で「100歳の美しい脳」という修道女の脳を研究した本が紹介されました。これについては前回報告しました。
後半はファミリーホールディング協会の山田豊氏の指導による傾聴のロールプレイングが行われました。これがおもしろかったんですね。

たとえばものとられ妄想、嫁がお財布を盗んだと言い張る姑をどう傾聴するか、嫁役と聞き手と観察者の3人でロールプレイをしました。そのあと講師の先生の見本と解説がありました。
こういう場合ほとんどは姑と嫁の言い合いとなってしまいますが、傾聴は受容と共感、認知症者の言うことを否定したり、説得したり、説教したりすると病状が進行するばかりだと言うのです。
じゃ、どうしたらいいのか、「そうよね。お金が見つからないと困るよね。不安だよね。」と共感するところから初めて「いつも決まった場所に財布をおいておくのね。しっかり管理しているの偉い。私なんか年中どこかに置き忘れて探すのね」と持ち上げます。
さらにこういう妄想を持つ人は経済的自立度の高い人なんです。そこを指摘して「ご主人と一生懸命働いて財を築いて来たのよね。その間にいろいろと苦労があったでしょう。」と苦労話を聞き出します。それを語り出してくれたら成功です。相づちを打ちながらめいっぱい共感するのです。
そして認知症者が楽しくて豊かな気持ちの時を過ごすことができるように傾聴していきます。

このほかにも
「実家の帰ると突然言い出して徘徊しようとするケース」
「ご飯を食べさせてくれない」というケース
「施設の職員の教育がなっていないと不満をぶつけて来るケース」
などなどのロールプレイを行いました。認知症者をやり切るのが難しかったですね。

これをしていて考えたことがありました。
実はものとられ妄想は統合失調にもあります。認知症はわすれてしまうのですが、統合失調では忘れずに累積していきます。ここがとても厄介なところなのです。これを巡って何度言い合いや喧嘩をしたことか、そしてそのたびに病状が悪化して行くのでした。
もう一つは学校でのことです。教員は傾聴がまったくできないのですね。たとえば成績不信の生徒と面談するとき、多くの場合このままで行くと単位を落とすと恫喝することしかできていないのです。生徒は成績が悪いことでとても苦しんでいるのです。だからその気持ちにより沿い共感することから始めます。教員のための傾聴講座が必要だと思った次第です。

SIGNIS WEBNEWS に投稿したら掲載されました。

私は、SIGNIS Japan というカトリック教会の広報関係者の国際組織の日本の副代表をしています。
SIGNIS World はほぼ毎月 SIGNIS Webnews を発行しています。

私が講師として勤めている清泉女子大学で7月15日に「難民の日」のシンポジウムが開かれました。それを聞いて、主催した清泉女子大のボランティアセンターにいって、それをぜひ SIGNIS World の WEBNEWS に投稿したいので、英文の原稿を書いてくださいとお願いしました。
そうしたら快くお引き受けいただきました。9月に原稿をいただき写真を添えて10月に投稿しました。
そして今月の SIGNIS Webnews 182に掲載されていました。

記事はこういう内容のものです。テキストのみ表示。文中の下線部をクリックすると本文に繋がります。

SIGNIS WEBNEWS 182
Cultural diversity
PLURAL+ 2015 : SIGNIS Award goes to “Exit Right”

New York City, November 16th, 2015 (SIGNIS) – The SIGNIS Jury at the PLURAL+ Youth Video Festival 2015 has decided to give its award to Exit Right, by Rupert Höller and Bernhard Wenger (Austria) “The power of this video is its simplicity and smart script. It tells a story which can happen almost everywhere and at any time—a tale of racism and uncontrolled anger. The short film successfully views a very current issue with a keen sense of humor. Audiences will keep this story in (…)
16/11/2015

Cinema

SIGNIS and Interfilm were present at different film festivals and gave prizes to multiple films in Cottbus, Kiev, Leipzig and Mar del Plata. Discover all the awarded films on our website!
If you want to see a good film, you might want to check out our November film reviews!
Georges Khabbaz’ new film ‘Waynon’ has been selected to represent Lebanon at the Oscars 2016! Read more here.
Young movie makers who took part in a national film project have had their videos shown in the UK Parliament as part of a project supported by CAFOD.

Television

Organized by SIPCATV, (Service for Television Producers and Catholic Networks) 19 Catholic TV Networks from 14 Latin American countries participated in the Latin American Catholic TVs Congress.
The Prix Jeunesse International 2016 will take place in Munich, Germany from May 20 to May 25. The festival invites you to submit your entries untill Dec. 11.
Al Jazeera’s ’Afghanistan: No Country for Women’, was named Best Film in the television category at the 2015 Amnesty Australia awards in Sydney.
Discover the new TV-documentary “Chaplains”, by Martin Doblmeier.

Radio

Catholic radios such as Radio Pacis in Aura and Radio Wa in Lira are among the eleven radios who are involved in the project “Consolidating peace Journalism in Uganda”.
Central Mindanao radio station won the CMMA award. Read more on the website.
Radios in North Korea help preaching across the demilitarized zone. Discover how it’s done here.
Finally, it is with a heavy heart that we announced the death of our Belgian colleague Bernard Decottignies, from Vatican Radio’s French section.

Journalism

A new journal was recently launched in Switzerland, the Journal for Religion, Film and Media (JRFM). Learn more about it on our website.
The Chairman of the Commission for Social Communications of the Kenya Conference of Catholic Bishops (KCCB), Bishop Joseph Obanyi Sagwe has called for responsible journalism ahead of the visit of Pope Francis to the country.
Catholic press struggles to earn trust in Australia. More info on our website.
Indonesian authorities continue to restrict foreign media access to the restive Christian-majority provinces of Papua and West Papua, despite assurances from President Joko Widodo. Read more here.
Anthony Bellanger was appointed as the new General-Secretary of the International Federation of Journalists. Congrats!

Media Education

Discover the publication “Reflections on Media Education Futures”, published last September.
BOSCOM interacted with youth about social media. An interesting dialogue between the Salesians participants and the youngsters was held to explore new dimensions to the ever growing means of communication the Social Media.
Divine Word father Franz-Josef Eilers will receive this year’s Titus Brandsma Leadership in Social Communication Award in a ceremony scheduled on November 27 at the Carmelites’ Titus Brandsma Media Center (TBMC) in Quezon City, Philippines..

More news

Itaru Tsuchiya, vice-president of SIGNIS Japan attended the World Refugee Day symposium at the Seisen University. Read here his debriefing.
COP 21 is in 2 weeks! Catholic bishops from around the world came together in signing an appeal for government leaders to reach a “fair, legally binding and truly transformational climate agreement” at a summit in Paris and the Holy See has urged greater efforts to educate people, especially the young, about the impact of climate change, saying we need an ecological education.
Pope Francis’ visit in Uganda is approcahing. Last week, the official website and logo were launched. Discover them here.
World Internet freedom keeps eroding. Nauru, especially, has been urged to restore access to social media and support free expression. However, in India, it seems like there have been improvements.
Social Media are everywhere! Sometimes, they have a bad impact on life, like this young blogger explained, but sometimes, they play an important role, like in the migrant crisis or during the attacks in Paris, last Friday!

www.signis.net | UnSubscribe (itaru@m5.dion.ne.jp) serialonesignis

このブログのトップへ

「100歳の美しい脳ーアルツハイマー病解明に手をさしのべた修道女たち」を予約しました。

 いま、川崎の生涯教育プラザで行われている「認知症の理解と支援―傾聴ボランティア活動」を受講している。認知症のひとをどう傾聴するのかという実践的な講座でなかなかおもしろい。
 10月から11月の間全部で10回の講座である。
 前回は「認知症にならないために、なったときには ~予防と治療~」というテーマで日本医科大学武蔵小杉病院神経内科部長石渡明子先生がお話しをされた。
 そのなかでとても興味あることが紹介された。
 「100歳の美しい脳ーアルツハイマー病解明に手をさしのべた修道女たち」という本である。たとえばアルツハイマー病になって認知症の症状を現さない例が3分の1あるという驚くべきデータが紹介された。
 amazonの本の紹介には以下のように書かれている。

 678人の修道女の人生と脳を対象に、老化を多角的に研究する―。1986年にはじまり現在も進行中の「ナン・スタディ」はアルツハイマー病研究に多くの成果をもたらした。若年期のすごし方が老年期にどう影響するのか、アルツハイマー病の発病と発症の不一致の原因、さまざまな老化を防止する要素。このかつてない研究に、修道女たちは喜んで協力と献脳を申しでた。献身的で温かな“ファミリー”とともにすごす修道女の充実した日常が、単なる長生きではない「高齢という生き方」を問いなおす。最後まで充実したよりよい人生を歩むための、示唆にとんだ報告。

 英語版は「Aging with Grace: What the Nun Study Teaches Us About Leading Longer, Healthier, and More Meaningful Lives」である。

 In 1986 Dr. David Snowdon, one of the world’s leading experts on Alzheimer’s disease, embarked on a revolutionary scientific study that would forever change the way we view aging—and ultimately living. Dubbed the “Nun Study” because it involves a unique population of 678 Catholic sisters, this remarkable long-term research project has made headlines worldwide with its provocative discoveries.
Yet Aging with Grace is more than a groundbreaking health and science book. It is the inspiring human story of these remarkable women—ranging in age from 74 to 106—whose dedication to serving others may help all of us live longer and healthier lives.
 Totally accessible, with fascinating portraits of the nuns and the scientists who study them, Aging with Grace also offers a wealth of practical findings:
• Why building linguistic ability in childhood may protect against Alzheimer’s
• Which ordinary foods promote longevity and healthy brain function
• Why preventing strokes and depression is key to avoiding Alzheimer’s
• What role heredity plays, and why it’s never too late to start an exercise program
• How attitude, faith, and community can add years to our lives
 A prescription for hope, Aging with Grace shows that old age doesn’t have to mean an inevitable slide into illness and disability; rather it can be a time of promise and productivity, intellectual and spiritual vigor—a time of true grace.

 横浜市立図書館ネットワークで検索したら1冊あったのでさっそく予約した。詳しくはまたその本を読んで紹介したい。

このブログのトップへ